GRADIUS
第2ステージ
(C)1985 Konami
使用音源
MSX(PSG+SCC)
制作方法
ミュージックテープ「オリジナル・サウンド・オブ・グラディウス アーケード版(アポロン音楽工業)」に付属の楽譜を打込み、 当時ゲーセンで聞いた音の記憶をもとに音色調整
※演奏データ(554KB)をダウンロードするため、演奏開始まで少し時間がかかります。
CLOSE

 言わずとしれたコナミの超有名シューティングゲーム、「グラディウス」。

 長いレーザー、難易度の高さ、美しい音色のBGMなどなど、なにもかもが新鮮なゲームでした。 中学生だった当時、ゲーセンヘ行ってBGMをラジカセに録音し、それを何百回も聴きました。 あれから十数年経って原曲を聞いてみると、もっと歯切れがよく、デチューンはそれほどかかってない音色ですが、 当時録音したテープの音と自分の中でのイメージではもっとふわふわしたもっと透き通った音色で、 それでいてベースは力強く、という感じだったのでこのようになってます。

 SCCやMGSDRVが無かったころはPSG3音のみで作っていました。 PSGのみでもなかなか味があってよかったのですが、やはりものたりませんでした。 SCCとMGSDRVを手に入れてからは、PSGで作ったものをベースに試行錯誤を重ねて自分のイメージどうりの音に仕上げました。

 余談ですが、当時自分がPSGのみで作った第4ステージのBGMは電波新聞社刊の 「MSXゲームミュージックプログラム大全集」に掲載されています(^^
更新履歴
1995. 3.24 ---
2002. 5.30 PSのDXパックをもとに各所のゲートを修正。