YAMAHA MU100R用定義ファイル

β版
MU128V2用定義ファイルからMU128で拡張された音色とGM2関係のエフェクトやCCMを削除し、インディビデュアルアウト関係のCCMを追加しただけのベータ版です。
動作確認及び検証を行っていません。使用は自己責任でお願いします。
動作確認が済めば正式公開となりますので、不具合や訂正の報告をお待ちしております。掲示板web拍手のコメント(匿名)でお気軽にどうぞ。人柱(協力者)の申出も大歓迎です。
ダウンロード
定義ファイル本体(xml)
※上記のファイルを右クリック-「対象をファイルに保存」でダウンロードし、Dominoの「Module」フォルダ内に置いてください。
説明
Dominoの音色マップとコントロールチェンジイベントをYAMAHA MU100Rに対応させます。
新規作成時の初期データに音源の設定項目をあらかじめ盛り込んでありますので、RPNやエクスクルーシブ等を意識することなく音源の性能を活かしたデータを作成することができます。
各種エフェクト(Reverb・Chorus・Variation(Insertion/System)・Insertion Effect 1〜2)のパラメーターセットも用意してあります。
音色マップやコントロールチェンジイベントの記述やフォルダ配置は、本体に付属のMU100/MU100R取扱説明書およびMU100/MU100Rサウンドリストに準じています。
コントロールチェンジイベントの機能は、本体に付属のMU100/MU100R取扱説明書のとおりですので、使用方法等はそちらを参照してください。
別に公開しているGM1対応音源用定義ファイルとは上位互換がありますので、GM1対応音源用定義ファイルを使用して作成されたデータはそのまま使用することが出来ます。
設定等
Dominoの設定
「ファイル」-「環境設定」で一覧の「MIDI-OUT」から以下のとおり設定して下さい。

・「MIDI OUTデバイス」は使用するMU100Rが接続されているデバイスを選択してください。

・「音源」は「YAMAHA MU100R」を選択してください。

コントロールチェンジイベントでの使用チャンネルの設定
コントロールチェンジイベントにおいてGate値に「A1」や「A10」などの値が設定してあるものがあります。

これはコントロールチェンジイベントを使用するチャンネルを設定するもので、例えば「A1」はAポートの1チャンネルを、「B10」はBポートの10チャンネル示していて、「A1」から「B16」まで設定できるようになっています。

新規作成時の初期データにはあらかじめ使用するチャンネルが設定してありますが、コントロールチェンジイベントを追加した場合は使用するチャンネルに合わせた値を選択してください。


各種エフェクトの設定
各種エフェクトに関するコントロールチェンジイベントは初期データのセットアップトラックにあらかじめ配置してありますので、 簡単に各種エフェクトのタイプなどを設定することができます。
ただし、各エフェクトを細かく設定するためのパラメーターは初期データにおいては省いてありますので、以下の通りエフェクトのパラメーターセットを選んで追加してください。

・イベントリストで使用するエフェクトタイプを設定し、カーソルの位置をそのままにしておきます。

・「挿入」-「コントロールチェンジ(複数)」から「Effect Parameter Set」フォルダを開き、各エフェクトのフォルダ(Reverb・Chorus・Variation(Insertion/System)・Insertion Effect 1〜2)を開きます。

・使用するエフェクトタイプのフォルダを選択し、「OK」を押すとエフェクトパラメーターがイベントリストに挿入されます。

・エフェクトパラメーターを挿入するとエフェクトタイプを設定するコントロールチェンジイベントが2つになるので、 同じエフェクトタイプが表示されていることを確認の上、どちらかを削除してください。

初期データにおける「Variation Connection」の初期設定値について
MU100Rでは「XG System On」によって音源が初期化されると「Variation Connection」の設定値は「Insertion」になりますが、 この定義ファイルの初期データにおいては「Variation Connection」の初期設定値は「System」になっています。

これは
「MU100Rではインサーションエフェクトが2つも使えるため、バリエーションエフェクトをわざわざインサーションエフェクトとして使うことはないだろう」 という作者の考えによるものです。

このためMU100Rを「XG System On」での初期化後にDominoからエディットすると、 各パートの「Variation Effect Send Level」がうまく動作しない場合がありますので、 はじめにDominoから初期データを送信してからエディットするようにしてください。

この仕様が気に入らない場合は定義ファイルを書き換えて使ってくださいw

注意事項
ファイルそのものの転載は不可としますが、記述されているデータ類は自由に流用して使ってください。
各ファイルを使用することによって発生するいかなる結果も作者は責任を負いません。
不具合等がある場合はメール等で連絡してください。
更新記録
2009. 1.11 β版公開。
2009. 1.24 各種エフェクトのパラメーターセットにミスがあったので大幅修正。
2009. 2.11 下位機種との互換性を確保するため、各種エフェクトのパラメーターセットを大幅修正。

戻る
Topへ戻る