YAMAHA MU100+PLG100-VL用定義ファイル

ダウンロード
定義ファイル本体(xml)
※上記のファイルを右クリック-「対象をファイルに保存」でダウンロードし、Dominoの「Module」フォルダ内に置いてください。
説明
ユーザーさまからの要望により、要望されたユーザーさまが使用している環境に合わせてカスタマイズした定義ファイルで、 MU100用定義ファイルにPLG100-VLの音色マップと、PLG100-VLを制御する一部のパラメーターに係るCC/CCMが追加してあります。
音色マップやコントロールチェンジイベントの記述やフォルダ配置は、本体に付属のPLG100-VL取扱説明書に準じています。
コントロールチェンジイベントの機能は、本体に付属のPLG100-VL取扱説明書のとおりですので、使用方法等はそちらを参照してください。
注意点
追加したPLG100-VLの音色マップは全チャンネルで表示されていますが、1つのチャンネル(初期状態ではAポートのチャンネル1)のみでしか使用できません。使用するチャンネルの変更はCCM950「Part Assign」で行うことができます。
Dominoでは「1つの音源に対して1つの定義ファイルを使用する」と定められていますが、PLG100-VLとMU100とではポートを共有(MU100のCH1〜CH16のうちの1つをPLG100-VLで使用する)しており、なおかつDominoではチャンネルごとの定義ファイルの設定をすることができないので、このような仕様になっております。
追加したCC/CCMは、
・CC2「Breath Controller」
・CC13「Control Change 13」
・CCM950「Part Assign」(PLG100-VLを使用するパート(1〜16)を指定)
・CCM951「Note Filter」(?)
です。
CC2とCC13は特定の音色でのみ効果があるようです。
PLG100-VLを複数枚装着した状態にはたぶん対応していないと思いますw
設定等
Dominoの設定
「ファイル」-「環境設定」で一覧の「MIDI-OUT」から以下のとおり設定して下さい。

・「MIDI OUTデバイス」は使用するMU100が接続されているデバイスを選択してください。

・「音源」は「YAMAHA MU100+PLG100-VL」を選択してください。

コントロールチェンジイベントでの使用チャンネルの設定
コントロールチェンジイベントにおいてGate値に「A1」や「A10」などの値が設定してあるものがあります。

これはコントロールチェンジイベントを使用するチャンネルを設定するもので、例えば「A1」はAポートの1チャンネルを、「B10」はBポートの10チャンネル示していて、「A1」から「B16」まで設定できるようになっています。

新規作成時の初期データにはあらかじめ使用するチャンネルが設定してありますが、コントロールチェンジイベントを追加した場合は使用するチャンネルに合わせた値を選択してください。


各種エフェクトの設定
各種エフェクトに関するコントロールチェンジイベントは初期データのセットアップトラックにあらかじめ配置してありますので、 簡単に各種エフェクトのタイプなどを設定することができます。
ただし、各エフェクトを細かく設定するためのパラメーターは初期データにおいては省いてありますので、以下の通りエフェクトのパラメーターセットを選んで追加してください。

・イベントリストで使用するエフェクトタイプを設定し、カーソルの位置をそのままにしておきます。

・「挿入」-「コントロールチェンジ(複数)」から「Effect Parameter Set」フォルダを開き、各エフェクトのフォルダ(Reverb・Chorus・Variation(Insertion/System)・Insertion Effect 1〜2)を開きます。

・使用するエフェクトタイプのフォルダを選択し、「OK」を押すとエフェクトパラメーターがイベントリストに挿入されます。

・エフェクトパラメーターを挿入するとエフェクトタイプを設定するコントロールチェンジイベントが2つになるので、 同じエフェクトタイプが表示されていることを確認の上、どちらかを削除してください。

初期データにおける「Variation Connection」の初期設定値について
MU100では「XG System On」によって音源が初期化されると「Variation Connection」の設定値は「Insertion」になりますが、 この定義ファイルの初期データにおいては「Variation Connection」の初期設定値は「System」になっています。

これは
「MU100ではインサーションエフェクトが2つも使えるため、バリエーションエフェクトをわざわざインサーションエフェクトとして使うことはないだろう」 という作者の考えによるものです。

このためMU100を「XG System On」での初期化後にDominoからエディットすると、 各パートの「Variation Effect Send Level」がうまく動作しない場合がありますので、 はじめにDominoから初期データを送信してからエディットするようにしてください。

この仕様が気に入らない場合は定義ファイルを書き換えて使ってくださいw

注意事項
ファイルそのものの転載は不可としますが、記述されているデータ類は自由に流用して使ってください。
各ファイルを使用することによって発生するいかなる結果も作者は責任を負いません。
不具合等がある場合はメール等で連絡してください。
更新記録
2010. 2.21 公開。

戻る
Topへ戻る